フラワーアレンジ 体験レッスン受付中(2500円)西宮市


by miruku0302
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2017年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

奄美 喜界島 (4)


最近 PCに向かうと 目の奥がとても疲れるのです。
なかなか更新しなくて ごめんなさい。

簡単に お写真だけの紹介になりますぅ。。。

行くよー! 早起き!早起き!
車で20分ほど走って 朝日を拝むのだー175.png
c0224470_19451192.jpg
c0224470_19424524.jpg
c0224470_19440525.jpg
c0224470_19444083.jpg
カメラで撮ると 小さく見えますが 実際は大きく見えて感動しちゃったな~
真っ青な空とのコントラストも最高でした。

ウフヤグチ鍾乳洞・・・
長さ30mほどの短いものですが 入口は大きく中はドーム状になっており 観光客もいない静まり返った空間は なんとも神秘的!そのものでした。
入口付近では 鎌倉時代のものとされる「長石の辻遺跡」が発見されています。

c0224470_19290948.jpg
c0224470_19294640.jpg
c0224470_19310159.jpg
天を仰ぐと 光が射しこんで お~~~神秘的でした。

c0224470_19514590.jpg
c0224470_19522109.jpg
百之台国定公園
島の中央部に広がる標高203mの隆起サンゴの高台です。
ここから見る水平線は まーるく弧を描いていました。
空と海の境が本当にキレイ113.png

そして・・・映画やTV撮影などで 時々登場する「サトウキビの一本道」
c0224470_20003165.jpg
島の東部およそ3.5km ひたすら真っすぐな道が続きます。
電信柱も信号も なーんにもない
両脇には 刈り込まれたサトウキビ畑!
車も人もいませ~ん。
あっ、1台いますね♪親が運転してる後を
追っている私たち(軽車なので 皆でのれませーん)
2台で独占ドライブ
あ~ すっごーく 気持ち良かったな~169.png









[PR]
by miruku0302 | 2017-05-21 20:23 | おでかけ | Comments(0)

奄美 喜界島 (3)

歴史的にも重要な史跡が残る喜界島。
俊寛の座像も紹介しましたが
近年発掘された城久遺跡群の調査では、古代から中世にかけての遺跡や遺物が多数見つかっており、日本史を覆す可能性もあると言われ いま考古学・歴史学者の熱い視線を浴びるスポットだそうです。
そういえば 十数年前 何度か 京都大学の方が 母の実家の石垣等々調べに来たとかいってました。

さてさて ここにも・・・ 

c0224470_14262032.jpg

c0224470_14265090.jpg
小さな島に いろいろ伝説がありますね。

ついでに もう一つ

c0224470_14455775.jpg
c0224470_14294060.jpg
あまりにも美しすぎた娘の悲し~いお話。
今も小野津集落の方々に 大切に守られているようです。
「ムチャ加那」伝説


初めて観光する私たちを 両親は楽しそうに連れまわしてくれま~す101.png
c0224470_14503472.jpg
空港から家路の途中 まだ観光は続くのです 両親張り切りすぎ~169.png

夕食後 天候にも恵まれていたので
夕日を見たくて おねだり・・・

c0224470_14590869.jpg
夕日が黄金に移り輝く姿に感動162.png
一瞬に別世界が広がりました。。。


c0224470_15004924.jpg


c0224470_14594510.jpg
その後 少し車で移動すると

c0224470_15012827.jpg
あ~~
夢でも見ているような光景が続いたのです。。。











[PR]
by miruku0302 | 2017-05-16 15:08 | おでかけ | Comments(4)

奄美 喜界島  (2)

鹿児島から 小さなプロペラ機に乗り換えて来た喜界島のつづき・・・
c0224470_15113786.jpg

 平家転覆の陰謀が暴露され、流罪になった「僧俊寛」の墓
c0224470_15061203.jpg
この墓の近くに「えんたい壕」があります。

太平洋戦争時代には特攻機を格納していたそうです。
c0224470_16112785.jpg

特攻隊のお話 この島にもあります。

c0224470_16240381.jpg

太平洋戦争中 19才前後の若い特攻隊員たち(5000人余りの兵士)に旅館の女将や娘たちがそっと贈った小さい天人菊の花。
贈られたその花を 隊員たちは何かを願うように滑走路の隅に置き、飛び立って行ったそうです。
その花の種が空に舞って 今でも滑走路周辺にたくさんの花が咲きます。
あたり一面に咲く様は 6月頃。少し早かったですね。
ところどころに咲くテッポウユリが より悲しさを呼ぶようでした。
その滑走路・・・今は喜界空港となっています。

空に向かって咲くちいさな花
島の人たちは「特攻花」と呼び 平和を願う花として大切にされています。

話は変わり・・・

喜界島には 日本最大級の蝶(保護蝶)「オオゴマダラ」が生息しています。
白黒のまだら模様が特徴的で、羽を広げると なんと13㎝に及ぶおおきさ。
ゆらりゆらりフワフワ 目の前を飛ぶ姿にも感動したのですが
もっと驚いたのが さなぎです。
ゴールドにピカピカ輝く姿!イヤリングにピッタリかも110.pngな~んて(笑)
c0224470_15120757.jpg
c0224470_15123186.jpg
写真の写りが悪かったので この蝶はポスターです(わかるね)

余談ですが・・・
この蝶を見るには 農産加工センターの裏手に たくさんいます。
そのセンターに母の作った「押し絵」が飾られていたのが
私としては 非常に嬉しかったなぁ~
c0224470_15125175.jpg
島のキャラクター君(名前わすれちゃった!)がオオゴマダラに乗り 島の特産である
そらまめ靴を履き 手は??
サクナー(薬草)帽子を被っています。
このサクナー 天ぷらで頂きましたが とても香り高く
癖になるほど美味しかった♪ また食べたーい!

続きは またね・・・








[PR]
by miruku0302 | 2017-05-15 16:55 | Comments(4)

奄美 喜界島へ

鹿児島県 奄美 喜界島へ行ってきました。

     伊丹空港 am7:10発
       鹿児島経由
     喜界島 am10:10着

喜界島 。。。

鹿児島から南に約38km。奄美大島の東25㎞のところに浮かぶ島です。
隆起珊瑚礁から成り 現在でも年間2ミリ隆起している学術的にも貴重な島です。

島に着き まず向かったのが 島一番のパワースポットと言われている
手久津久の 巨大ガジュマル
       (空港から車で15分)

c0224470_17115461.jpg
枝幅42m、幹回り16m!

c0224470_17194469.jpg


木のそばに寄ると 何とも言えない
安らぎを感じました。
まさに パワーを頂く感じ!

まだ発見されて10年ほどだなんて またまたビックリしました。

これから少しずつ 島を紹介していきます。
お付き合いヨロシク101.png


[PR]
by miruku0302 | 2017-05-14 17:08 | おでかけ | Comments(2)
あらら 気づけば こんなに久しぶり・・・
先月末のボランティアでのアレンジ作品載せておきます。
ご年配の皆様には 可愛すぎるかな?
なんて思いきや いつも楽しんで取り組んでくださいます。

c0224470_16033791.jpg



[PR]
by miruku0302 | 2017-05-14 16:10 | フラワーアレンジ | Comments(0)